監督・主演・製作クリント・イーストウッド、映画『クライ・マッチョ』日本版違法ダウンロード【2022年1/14(金)公開】

日本
無料動画-異世界漫画サイト
無料動画-異世界漫画サイト
無料動画-異世界漫画サイト

ED治療ならば安価に通販で
20年以上の実績のED治療ジェネリックの「カマグラ」を通販購入を試してみませんか?!


カマグラオーラルゼリー
カマグラシリーズの人気No1「カマグラオーラルゼリー」は水無服用で即効性あり


カマグラPOLO
カマグラシリーズのトローチタイプ「カマグラPOLO」は分割しやすく水無しで服用できる


ED治療ならば安価に通販で
海外ジェネリックのネット通販を格安に試してみませんか?!

最近のコメント
1:映画@お腹いっぱい2021.10.25(Mon)

監督・主演・製作クリント・イーストウッド、映画『クライ・マッチョ』日本版違法ダウンロード【2022年1/14(金)公開】って動画が話題らしいぞ

無料動画-異世界漫画サイト
無料動画-異世界漫画サイト”

2:映画@お腹いっぱい2021.10.25(Mon)

監督・主演・製作クリント・イーストウッド、映画『クライ・マッチョ』日本版違法ダウンロード【2022年1/14(金)公開】は無料でみれるの?

3:映画@お腹いっぱい2021.10.25(Mon)

強引に行ったw

4:映画@お腹いっぱい2021.10.25(Mon)

1回見たら満足しちゃったなあ

5:映画@お腹いっぱい2021.10.25(Mon)

おつおつ

6:映画@お腹いっぱい2021.10.25(Mon)

半世紀以上に渡り一線で活躍を続ける名優にして、『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』で監督として2度のアカデミー賞に輝くクリント・イーストウッド。最新作『クライ・マッチョ』は、彼が監督・主演を兼任する新たなマスターピース。40年前から検討されていた原作の映画化に満を持して向き合った本作は、まさに彼の集大成にして新境地だ。イーストウッド監督デビュー50周年記念作品『クライ・マッチョ』は、2022年1月14日(金)全国ロードショー。

 違法ダウンロード冒頭では、監督デビュー50周年記念として、『アウトロー』(1976年)、『ペイルライダー』(85年)などの映像をバックに、これまでにイーストウッドが監督、出演した傑作のタイトルが紹介される。

 最新作『クライ・マッチョ』は、落ちぶれた元ロデオスターのマイク(クリント・イーストウッド)と、少年ラフォ(エドゥアルド・ミネット)の出会いを通して、本当の“強さ”の意味を問うイーストウッドの集大成。

 元雇い主からメキシコで暮らす息子ラフォを誘拐するように頼まれたマイクは、向かった先で親の愛を知らない生意気な不良少年と出会う。「昔は強かった(マッチョだった)んだろ?」というラフォの問いに、「昔の俺はすごかった。だが今は違う」と返すマイク。

 「男は“マッチョ”に憧れる」 「すべてを手に入れた気になるが、ある日 その無意味さを知る」 「だが俺は変えようと思う これからの人生のために」という言葉は、イーストウッドが語るからこその重みを感じさせる。

監督・主演・製作:クリント・イーストウッド
原作:N・リチャード・ナッシュ「CRY MACHO」
脚本:ニック・シェンク(『グラン・トリノ』『運び屋』)、N・リチャード・ナッシュ
製作:アルバート・S・ルディ(『ゴッドファーザー』『ミリオンダラー・ベイビー』)、ティム・ムーア(『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』)、ジェシカ・マイヤー(『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』)
出演:クリント・イーストウッド、エドゥアルド・ミネット、ナタリア・トラヴェン(『コラテラル・ダメージ』)、ドワイト・ヨアカム(『ローガン・ラッキー』)、フェルナンダ・ウレホラ(『ブルー・ミラクル』)
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
オフィシャルサイト:crymacho-movie.jp #クライマッチョで0とか荒れ過ぎわろwww

7:映画@お腹いっぱい2021.10.25(Mon)

オリコン洋画館 ORICON NEWS死亡フラグか・・・?

8:映画@お腹いっぱい2021.10.25(Mon)

低評価0wwwww

9:映画@お腹いっぱい2021.10.25(Mon)

この動画消されないよな?

10:映画@お腹いっぱい2021.10.25(Mon)

薄毛治療はミノキシジルの海外版。国内2倍の濃度でも安価でコスパが最高

半世紀以上に渡り一線で活躍を続ける名優にして、『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』で監督として2度のアカデミー賞に輝くクリント・イーストウッド。最新作『クライ・マッチョ』は、彼が監督・主演を兼任する新たなマスターピース。40年前から検討されていた原作の映画化に満を持して向き合った本作は、まさに彼の集大成にして新境地だ。イーストウッド監督デビュー50周年記念作品『クライ・マッチョ』は、2022年1月14日(金)全国ロードショー。

 違法ダウンロード冒頭では、監督デビュー50周年記念として、『アウトロー』(1976年)、『ペイルライダー』(85年)などの映像をバックに、これまでにイーストウッドが監督、出演した傑作のタイトルが紹介される。

 最新作『クライ・マッチョ』は、落ちぶれた元ロデオスターのマイク(クリント・イーストウッド)と、少年ラフォ(エドゥアルド・ミネット)の出会いを通して、本当の“強さ”の意味を問うイーストウッドの集大成。

 元雇い主からメキシコで暮らす息子ラフォを誘拐するように頼まれたマイクは、向かった先で親の愛を知らない生意気な不良少年と出会う。「昔は強かった(マッチョだった)んだろ?」というラフォの問いに、「昔の俺はすごかった。だが今は違う」と返すマイク。

 「男は“マッチョ”に憧れる」 「すべてを手に入れた気になるが、ある日 その無意味さを知る」 「だが俺は変えようと思う これからの人生のために」という言葉は、イーストウッドが語るからこその重みを感じさせる。

監督・主演・製作:クリント・イーストウッド
原作:N・リチャード・ナッシュ「CRY MACHO」
脚本:ニック・シェンク(『グラン・トリノ』『運び屋』)、N・リチャード・ナッシュ
製作:アルバート・S・ルディ(『ゴッドファーザー』『ミリオンダラー・ベイビー』)、ティム・ムーア(『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』)、ジェシカ・マイヤー(『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』)
出演:クリント・イーストウッド、エドゥアルド・ミネット、ナタリア・トラヴェン(『コラテラル・ダメージ』)、ドワイト・ヨアカム(『ローガン・ラッキー』)、フェルナンダ・ウレホラ(『ブルー・ミラクル』)
© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
オフィシャルサイト:crymacho-movie.jp #クライマッチョ

powered by Mitsukoshiya.com

コメント

  1. こいつの将来が心配

タイトルとURLをコピーしました